Webサイトのコンバージョン最適化を考える。webマーケティング専門 ㈱ノードキャスト
トップページ >> サービス >> ストック型

ECサイト運営のご案内

実際に培った経験とノウハウ

自社ECサイト・モール型ECサイトの運営

貴社に足りない要素をカバー。自社サイトや楽天・ヤフーショッピング・Amazonなど幅広いECサイト運営に携わり、様々な戦略・構築・検証を行い成果をだしてきました。実際にネットショップの現場を体験してきたからこそ、店舗様の真の課題を洗い出し、EC事業の長期的な成長にむけて、「勝負できる布陣」を整える事ができます。

ECサイトの種類

楽天やヤフーショッピング等のモール型とアマゾンなどの商品主体型モール。そして、自社オリジナルのサイトを構築する、オリジナルショップ型などが挙げられます。モール型とオリジナル型の違いは、費用と販売力の違いです。もちろんモールに出店した方が、ある程度の集客が見込めるため売れやすいのですが、費用・手数料もその分発生します。
オリジナル型の場合は、費用・手数料は抑えられる場合がありますが集客が見込めない為、広告などに費用が必要となります。

ネットショップの成功条件

堅調に成長しているEC市場。成長とともに競争が激しくなっているのも事実です。この厳しい競争環境で成功するには「商品力」「価格力」「努力」の3つどれ一つが欠けても不可能です。この3つが揃って初めてスタートラインに立てるのです。

EC事業に関するお悩みの解決

  • ECを立ち上げたけど運用方法がわからない
  • EC運営をしているが人手が足りない
  • 広告ってたくさんあるけどどれを選べばいい?
  • 売上が全く伸びないので何とかしたい
  • 相談できる外部アドバイザーが欲しい

ECサイト運営のコスト

ネットショップも実際の店舗と同じように様々な費用がかかります。実際にネットショップにかかる費用は、実店舗よりも4倍の費用がかかるとも云われています。運営を受託する会社に依頼すれば、多額の費用がかかりますし、安く見えるサービスも以外とコストがかかります。実際の店舗を運営する概念で運営を行い、低コストに努める運営よりもある程度のコスト経常を予測し、コストバランスを重視した運営形態の方が効果が見込めています。