クロネコヤマト、佐川急便株式会社の宅配料金値上げ交渉が始まり、弊社のクライアント様からも値上げ交渉があったことをお聞きしました。クロネコヤマトのCMではシーンの再度に値上げに関する告知が流れています。

宅配会社も色々と淘汰があり、荷物をお願いする立場からも、大手3社(1社は郵便局)に委ねられています。

良く目にするのですが、ワンルームマンションがひしめく住居地域を宅配会社の方々が忙しく駆け回っている姿を目にします。

再配達も大変だろうし、壊れやすい荷物の取り扱いも大変だろうと推測されます。本当にお疲れ様です。

ネット販売において、送料無料は当然の如くサービスしている昨今。過剰サービスになり、そのシワ寄せをロジスティックのステージに押し込んでしまうのは、無理を引き受けている状態。どこかでうまくいかなくなります。

これからのECを大きく担っていただく、大事な物流のインフラに無理があるのは、ECの飛躍にも発展しないかもしれません。