AMPとは

もう既にGoogleが提唱するフレームワークとして目にするAM(Accelerated Mobile Pages)GoogleとTwitterで共同開発されている、モバイル端末でウェブページを高速表示するためのものです。

何ができる?どうなる?

通信環境の差やデバイスのよる読み込み速度依存を軽減し、あらかじめキャッシュされたコンテンツを表示する為、ユーザーがストレスなくコンテンツを閲覧できます。

スマホなどでGoogleで検索を行った場合、AMPと表示されているので、AMPで表示されるコンテンツはすぐ分かると思います。

確かに表示速度は凄く早く、ストレスはまったくありません。

 

AMPの実装

実装はHTML5(AMP HTML)・CSS 3(Custom Styling)・JavaScript (AMP JS)・グローバル プロキシ キャッシュ (AMP Cache)

で実装でき、オープンソースで実装可能なので特別なものを使用しません。

 

今後は

コンテンツの表示速度は最近ではとても大事な要素。同じようなコンテンツが存在するサイトで、コンテンツの性質で膨大なページビューが発生するサイトだと、AMPの仕組みはとても良い仕組みだと思われます。インターネットのインフラ環境が上がり、デバイスの処理速度も、年々上がっていきますが、こうしたコンテンツ側での仕組みも、これから様々なフレームワークが出現してくるのでしょう。

弊社でもコンテンツ生成の今後として、導入を始めています。特にワードプレスにおいてはプラグインも出ており、大手メディアサイトでは以前から導入されています。

アクセス数があがる為に仕組みではありませんが、ユーザーにストレスを与えない仕組みは、とても大事なものです。導入を考えていきたいおもです。